博士の愛した数式

2004年の本や大賞を受賞した、本屋が一番読んでほしい本「博士の愛した数式<」

なんとなく優しい気持ちになれる小説です。

数式の持つ不思議な魅力に惹かれます。
数学がただの数字の羅列と感じられて数学嫌いになってしまった人に読んでもらいたいです。

ページも200とちょっとですので読みやすいです。

[PR]
by kankorelovers | 2015-12-15 17:34
薄皮まんじゅう。 >>